FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
COMIC天魔(コミックテンマ) 12月号

COMIC (コミック) 天魔 2009年 12月号
COMIC (コミック) 天魔 2009年 12月号

黒髪メイドの女の子の白い肌が印象的なデザインの表紙が本屋でも目を引く。

20091120_tenma01.jpg
6969「新型!?ちんフルエンザ」は巻頭カラーの4ページ。

エロマンガをある程度以上読んでいる人であったら、もうこのタイトルだけで内容が想像出来ると思うが、まったくそのまんまな内容。

ピンク髪と巨乳とミニスカートという、アホ娘の定番条件を3つも装備している看護婦さんがちょっとだけ可愛い。

20091120_tenma02.jpg
TANA「およめさまHONEY DAYS」

メインヒロインとのエッチはなく、主人公がエロゲー論を延々と語るだけで終わるという挑戦的な内容。

陵辱モノや触手モノの魅力について説明しているページが素晴らしく、密度の高い描き込みによる圧倒的なエロスは、主人公が熱く語るだけのことはある。

ラストの触手モノは圧巻で、見開きページも最高の出来。

20091120_tenma03.jpg
柚木N'「姉熱視線」

弟に惚れてしまったお姉ちゃんが、両親の留守中に我慢できずにエッチしてしまうという話。

巨乳で黒髪ストレートという定番スタイルなのでエッチシーンに関しては普通に使えると思われるが、日常シーンでのお姉ちゃんの弟を見つめる目つきが非常に色っぽく、むしろこっちの方がエロいんじゃないかとさえ思うので、タイトルにするだけのことはある。

20091120_tenma04.jpg
まぐろ帝國「ハードトレーニング2 全編」

なぜか劇画タッチに挑戦していて、登場する人物達も一昔前のファッションや髪型で、言葉遣いや物語の展開まで徹底的に作りこんでいる。

まぐろ帝国のテクニックを完全に無駄な方向に使っている作品だが、こういうのは嫌いじゃないのでもっとやって欲しい。

20091120_tenma05.jpg
緑のルーペ「イマコさんとイチナくん1」

異母兄妹であるイマコさんとイチナくんの関係を描いたシリーズ連載の1回目。

寝フェラに始まり、登校直後の校内エッチと放課後の青姦まで描いていて、ボリューム感満点の内容。

黒髪に黒メガネが特徴的なイマコさんだが、制服が黒のブレザーで、さらに黒のストッキングまで履いているので画面が真っ黒けになっているところを、センスの良い作画でうまくまとめているのは見事。

20091120_tenma06.jpg
シャチカマボコ「会長のいいなり!」

美人の生徒会長さんにうっかり告白してしまった男の子の話。

艶やかな黒髪の表現がカッコよく、ツリ目な会長さんのややエス気味な雰囲気を魅力的に描いている。

全体的にスタイリッシュな作画だが、性器の表現はリアル志向なのが面白い。

20091120_tenma07.jpg
もりたかたかし「白石兄妹のヒミツ」

クールキャラの妹さんと、そのお兄さんの話で、家に帰ると妹さんの性格が豹変するといった設定。

前髪短めのツインテールというロリっぽい髪型に、メガネとツリ目の組み合わせが意外とマッチしていて面白いキャラクターデザインになっている。

シャチカマボコと画風が若干かぶりぎみなので、連続して掲載されているのはどうかと思った。



めちゃLOVE☆ (SANWA COMICS No. 31)めちゃLOVE☆ (SANWA COMICS No. 31)
(2009/01/30)
柚木N’

商品詳細を見る

あいらんど 淫虐の章 (TENMAコミックス)あいらんど 淫虐の章 (TENMAコミックス)
(2009/09/26)
まぐろ帝國

商品詳細を見る

なかだしされたい (TENMAコミックス)なかだしされたい (TENMAコミックス)
(2009/06/26)
もりたか たかし

商品詳細を見る
笹川ハヤシ「ずっと一緒に」

笹川ハヤシ「ずっと一緒に」
笹川ハヤシ「ずっと一緒に」

MUJINに掲載された作品をまとめた1冊。

作画のレベルは非常に高く、一般的な実用度に関しては業界トップレベルと言っても良いかもしれない。

巨乳の女子高生を相手にしたハーレムプレイが多いのが特徴で、陵辱要素はほぼゼロ。

一話あたりのページ数が多いので、きちんと物語を作りこんでいる作品が多く、エッチのシチュエーションも物語の設定をうまく利用したものが多い。

20091119_zuttoissyoni01.jpg
「淫乱ナデシコ列車」

留学生の男の子が、それとは知らずに女性占領車両に乗ってしまい、そこにいた女の子達に弄ばれてしまうと言った展開。

カラーページも美麗で、ロリキャラから女教師までさまざまな女性達に囲まれてのハーレムエッチを圧倒的な筆力で描いている。

ロリキャラが少しだけ登場するのは笹川ハヤシの作品では珍しいので貴重。

20091119_zuttoissyoni02.jpg
「淫乱ナデシコ学園祭」

その続きで、すっかり女子生徒の性欲処理係となってしまった留学生君が、学園祭の準備中に出会った女の子と不思議な縁を感じて放課後の教室で激しいエッチをする。

女の子の母親に対するコンプレックスをやたらと強く描いていたため、二人は実は特別な関係だったということがラストで明かされるのかと思いきや、普通にスルーだったことに逆に驚いた。

20091119_zuttoissyoni03.jpg
「蜜月」

担任の女教師と付き合っている高校生と、そのクラスに転校してきたツインテールの女の子との三角関係を描いた作品。

転校生の女の子は死神的な存在で、エッチをすることで精液と一緒に命や魂を吸い取るということなのだが、それを阻止しようとした女教師との3Pになり、結局は教師と生徒ということもあって中途半端な関係になっていた二人の関係が深まるといったオチ。

死神としてやって来たのに、結局はキューピット役になってしまうという、いかにもマンガ的な物語を、圧倒的な画力と練り込んだ構成によって、エロマンガとして完璧な形で作り上げた、笹川ハヤシのエロマンガ家としての才能を見せ付けられる作品。

20091119_zuttoissyoni04.jpg
「初恋」

同じ死神の女の子の物語で、彼女が病院で出会った余命わずかな男との関係を描いた作品。

死神と余命わずかな男、という関係性のドラマもありがちといえばありがちだが、ここでも笹川ハヤシのセンスが爆発していて、映画化してもいいぐらいの完成度の高いドラマに仕上がっている。

女の子がこっちの方が圧倒的に可愛くなっているのは、おそらく服装のせいで、決め手はカチューシャ。


その他の作品も、ラブラブなカップル達のちょっと変わったドラマをそれぞれ描いていて、どの作品もはずれ無しの1冊となっている。
最後の作品だけは少し古めなので毛色が違うが、この頃の濃い目のエロも悪くない。



処女通信 (MUJIN COMICS)処女通信 (MUJIN COMICS)
(2007/09/28)
笹川 ハヤシ

商品詳細を見る

恋コク (MUJIN COMICS)恋コク (MUJIN COMICS)
(2005/08/12)
笹川 ハヤシ

商品詳細を見る
まるキ堂「痴春期・フェチ校生」

まるキ堂「痴春期・フェチ校生」
まるキ堂「痴春期・フェチ校生」
20091116_maruki01.jpg
まるキ堂6冊目の単行本で、COMIC桃姫に掲載された作品を収録した初の単行本。

作者自身があとがきでも語っているように、雑誌のカラーに合わせて陵辱は控えめになっていて、ラブラブなカップルが中心となっているが、エッチの方は激しい展開が多いので、その辺のギャップも見所の一つ。

ヒロインは女子高生がほとんどで、制服姿でのエッチが非常に多いのが特徴的。

20091116_maruki02.jpg
もちろん、まるキ堂の陵辱以外のセールスポイントである柔らかそうな爆乳は健在で、乳輪大きめの乳首の独特な表現と共に、色々な汁でおっぱいが汚されていく様子を濃厚に描いている。

アヘ顔の女の子がだらしなく舌を出しながらヨダレを顔中にたらしている姿のフィニッシュシーンは迫力があり、女の子の口内に溜まった唾液の表現も独特のこだわりがあるので、ここも見所の一つ。



肉辱委員長 (MUJIN COMICS)肉辱委員長 (MUJIN COMICS)
(2008/12/05)
まるキ堂

商品詳細を見る
COMIC 桃姫 12月号

桃姫 2009年 12月号
桃姫 2009年 12月号

20091113_momohime01.jpg
Cuvieが巻頭(カラーは無し)「少女ストレート」

クラスメイトの猥談の入っていけない純情な女の子が主人公。

好きな男の子とたまたま相合傘で下校することになって、ひょんなことから告白してしまい、そのまま彼氏の家で雨宿りがてらエッチしてしまうといった展開で、タイトルどおり、ベタと言ってもいいぐらいの直球勝負で二人の初々しい恋愛を描いた作品。

Cuvieはどう考えても仕事をしすぎな気がするので、たまにはこういう軽いエロマンガもいいかも知れない。

ワニマガジンからの単行本は11/19発売とのこと。

20091113_momohime02.jpg
比呂カズキ「気が済むまで…」

彼女に振られたサラリーマンが、終電後のホームで同じく彼氏に振られた女の子と出会い、そのままホテルに直行といった感じの展開。

全体的なクオリティは非常に高く、女の子の肌の質感の表現などのトーンワークもうまい。

まるキ堂「せんでん病」は単行本の宣伝マンガで4ページのみだが、見開きページはなかなかのインパクト。



欲しがりっ!欲しがりっ!
(2009/11/19)
Cuvie

商品詳細を見る
コミック0EX Vol.24

コミック0EX(ゼロエクス) 2009年 12月号
コミック0EX(ゼロエクス) 2009年 12月号

20091111_0ex01.jpg
巻頭カラー、反村幼児「Noisy Girls Graffity」

吹奏楽部の後輩の女の子とのエッチを描いた作品。

童顔短髪で、さらに巨乳という設定まで与えられた理想的な後輩像はベタだが破壊力十分。

エッチの最中もいちいち可愛らしくて、バリエーション豊富な体位も見ごたえがあるため、満点と言っても良い作品。

20091111_0ex02.jpg
イコール「おさななLOVE」

幼馴染の女の子を家に呼んでの食事の後、家族にばれないように自室でこっそりとエッチをするといった内容。

女の子の頭身低めでムチムチとした体型が大変いやらしく、胸だけではなく、もりまん気味な股間の肉感的な表現もグッド。

20091111_0ex03.jpg
谷町めいど「調教(おしえ)てねっ!」

教え子の女の子と付き合っている教諭の話で、カラーページもあり。

相手はJSだが、縛りのシーンもあったりとやや濃い目の内容で、グロテスクな程膨れ上がった男性器の描写や、射精した精液が大量にあふれ出す描写など、過激な表現が多く読み応えの有る作品となっている。

20091111_0ex04.jpg
たくじ「望月先生の教育実習」

新シリーズ開始で、タイトルどおり望月先生の教育実習生時代のエピソード。

若い頃から相変わらずの淫乱ぶりで、校内のトイレで教え子の男の子とエッチしてしまう様子を美麗な作画で描いている。




Colorful Princess (ホットミルクコミックス 242)Colorful Princess (ホットミルクコミックス 242)
(2007/06/08)
反村 幼児

商品詳細を見る

ましゅまろフィアンセ (ホットミルクコミックス 299)ましゅまろフィアンセ (ホットミルクコミックス 299)
(2009/07/10)
イコール

商品詳細を見る

はじめてだよっ! (ホットミルクコミックス 307)はじめてだよっ! (ホットミルクコミックス 307)
(2009/10/10)
谷町めいど

商品詳細を見る
copyright © 2017 菊慈童の裏日記ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。