FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しらんたかし「少女性徴期」

しらんたかし「少女性徴期」
しらんたかし「少女性徴期」


しらんたかし4冊目の単行本。

コミックMUJINに掲載された作品を収録。

学園を舞台にしたエピソードが多く、黒髪率100%でスレンダーな美少女ばかりという、偏った内容が趣味に合う人に強くオススメしたい一冊。

作画もシナリオも、エロマンガ家時代の甘詰留太を匂わせるが、あの雰囲気を出せる作家はなかなか居ないので貴重な才能だと思う。

はっきり言って、表紙の子よりも本文で描かれる美少女達の方が圧倒的に可愛く描かれているので、少し損をしているかも知れない。


しらんたかし「少女性徴期」
巻頭の「ナイフリモドキ」シリーズが非常に良い。

図書室にて性医学の本をこっそり読みながら女性の性器について妄想する瑞浪を、同じクラスの多治見さんに見つかってしまう所から物語は始まる。

メガネで黒髪ロングという、一見真面目に見える多治見さんだが、実は瑞浪と同じく異性の性器に興味があり、そのことをお互いにカミングアウトして、放課後の図書室でお互いの性器を見せ合うことになる。

興味を抑えきれない多治見さんにフェラをされて、我慢出来なくなった瑞浪がそのまま多治見さんを押し倒して初体験を迎えた所で第1話は終了。

真面目でおとなしい女の子が、実はエロいことばかり考えていて……、という比較的ありがちな設定とは言え、性に対する興味を告白されるシーンの緊張感や、多彩に描かれる多治見さんの表情のエロさなど、マンガとしてのセンスの良さに底上げされて良作となっている。

しらんたかし「少女性徴期」
第2話では、お互いにオナニーと排尿を見せ合って、そのままバックでするといった内容で、エッチどころか普段のコミュニケーションでさえぎこちない二人が、身体を重ねるごとに少しずつ距離が縮まっていく様子を描いている。

しらんたかし「少女性徴期」
第3話でこのシリーズは終了。

お互いにオシッコをかけ合ったりと変態的なプレイがエスカレートする。

繋がった状態のまま瑞浪が多治見さんに告白するシーンは、順番こそ違えど思春期の男女の恋愛の甘酸っぱさをストレートに描いていて少し恥ずかしくなるぐらい。

しらんたかし「少女性徴期」
「家出少女」

家出した少女と、家に泊めることになった大学生との同棲生活を描いた全3話のシリーズ

この単行本では着衣のエッチばかりなので、しらんたかしによる貧乳スレンダーな少女の身体の全裸描写を堪能できるのはこれだけ。

大学構内でエッチしたり、最終的には同棲することになったりと、男だったら一度は妄想するシチュエーションを具現化した良作。


単行本のカバーをめくると、それぞれのキャラクターの設定と相関図が載っている。



こいのり (MUJIN COMICS)こいのり (MUJIN COMICS)
(2008/01/04)
しらん たかし

商品詳細を見る

好感あそ~と (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)好感あそ~と (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2008/11/29)
しらん たかし

商品詳細を見る

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 菊慈童の裏日記ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。