FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグコミックスペリオール No.15
漫画:森田崇/脚本:北原雅紀「ジキルとハイドと裁判員」

裁判員制度はホットな話題なので、各誌でそれをテーマにしたマンガが始まっているが、やはりこれが頭一つ抜けているか。

本格的に社会派のドラマにするよりも、主人公が特殊能力を持っている設定にするぐらいの方が若者にアピール出来るので、マンガとしてのバランスはその方がいいのかも知れない。


作:久部緑郎/画:河合単「ラーメン発見伝」が最終回。

このマンガを読むと何でもいいからラーメンが食べたくなってくる、という感想はグルメマンガにとって最高の賛辞だと思うが、実際にそうなので、スペリオールの読後は本当に困る。


ラーメン発見伝 (1) (ビッグコミックス)ラーメン発見伝 (1) (ビッグコミックス)
(2000/06)
久部 緑郎河合 単

商品詳細を見る
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 菊慈童の裏日記ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。