FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
漫画ゴラク 7月17日号
原作:ひじかた憂峰/画:たなか亜希夫「リバースエッジ大川端探偵社」がとてもいい。

数十年前に憧れていたプレスリー似の蕎麦屋の兄ちゃんを探し出して欲しい、という依頼を受けて見つけ出すのだが、当時の面影は残っているものの、普通の年寄りになっていて……という感じのエピソード。

このマンガはとにかくジジババが沢山登場してさらに回想シーンも多いので、登場人物の若い頃の姿と現在の老いた姿を達者に描き分ける、たなか亜希夫の技量が堪能できるというのも魅力の一つ。

ひじかた憂峰は「湯けむりスナイパー」でも「老い」をテーマにしたエピソードが多くなっているので、最近は何か覚悟のようなものを感じている。


湯けむりスナイパー VOLUME1 (マンサンコミックス)湯けむりスナイパー VOLUME1 (マンサンコミックス)
(1999/06)
ひじかた 憂峰

商品詳細を見る
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 菊慈童の裏日記ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。