FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤングマガジン No.29
柏木ハルコ「もーれつバンビ」は2回目。

闘牛を扱ったマンガは珍しい。ひょっとしたらマンガ史上初めてかも。

違和感無く溶け込んでいるけれど、実は講談社の雑誌では初掲載。


木多康昭「喧嘩商売」は金田戦最終回。

リング外の駆け引きのページ数を多く使っていていることもあって、一戦あたりの連載期間が長くなってしまうという問題は作者も十分に理解していて、だからあえて読者を飽きさせない為に朝ナマ的なあれを挟んでいるのだろう。

なぜ金田と戦っているのか、というそもそもの設定を覚えている読者はどれぐらいいるのだろうか。


喧嘩商売 1 (ヤングマガジンコミックス)喧嘩商売 1 (ヤングマガジンコミックス)
(2005/10/06)
木多 康昭

商品詳細を見る
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 菊慈童の裏日記ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。