FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江口寿史「ストップ!!ひばりくん! コンプリート・エディション」

ストップ!!ひばりくん! コンプリート・エディション1
江口寿史「ストップ!!ひばりくん!」コンプリート・エディション1

1981年から1983年にかけて週刊少年ジャンプにて連載された、江口寿史の代表作の完全版。

集英社ではなく小学館から発売されている理由は不明。

出荷数が相当少ないみたいで、各地の本屋で品切れを起こしている模様。

ヤクザの一家の長男であるひばりと、その家にお世話になることになった主人公坂本耕作とのドタバタコメディ。

普通のギャグマンガと一線を画しているのは、ひばりの外見が、超美少女に描かれていて、いわゆる「男の娘」であるということ。

28年前のジャンプで、この設定をあのクオリティの作画レベルで発表していたという奇跡を江口寿史は起こしているので、いわゆる「伝説のマンガ」に挙げられる作品の一つ。

ジャンプで2年連載されていたにも関わらず、単行本が4冊しか出ていないのは原稿を落としまくったからで、江口寿史にはジャンプに載っていない方が話題になる、という特殊な作風に関してもパイオニアだという不名誉な称号も与えられている。

古典扱いされているレベルの名作で、「男の娘」が主人公の作品では、「ここはグリーン・ウッド」もオススメです。



ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)
(2000/12)
那州 雪絵

商品詳細を見る

江口寿史の世界江口寿史の世界
(2000/05)
江口 寿史

商品詳細を見る
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 菊慈童の裏日記ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。