FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
純愛果実 1月号

純愛果実 2010年 01月号
純愛果実 2010年 01月号

20091205_jinai01.jpg
蜜キング「ゴスシス」

売れない動画マンが作った実妹をモデルにしたキャラクターを、その本人に見られてしまい、そのままなし崩し的にエッチとなる流れ。

タイトルどおり、ゴスロリ要素の強いファッションのインパクトが非常に強く、ツインテールとヘッドドレスの組み合わせの破壊力が凄まじい。

地味に下着のデザインも凝っていて可愛らしいので要注目ポイント。

20091205_jinai02.jpg
木谷椎「どっちもLOVE?」

3回目で、妹さんとの玩具プレイから始まり、後半は生徒会長さんとの校内エッチ。

ページ数が少なめなので、それぞれのエッチでややボリューム不足を感じるが、相変わらず二人とも可愛らしく描かれていて、ツボは抑えた内容に仕上がっている。

20091205_jinai03.jpg
ゼロの者「シスブラっ」

今回は百合要素少なめで、代わりにショタが加わる。

エッチシーンの濃さは相変わらずだが、ちょっとしたシーンでの女の子の表情の描き方など、最新の流行りを自分の絵にうまく取り入れているのがよく分かる。

純愛果実は今月号で10周年みたいだが、創刊された頃から既にゼロの者は売れっ子として活躍していた気がするので、既にベテランと言ってもいいポジションながら、いまだに成長を続ける姿勢は少し尊敬する。



Mind of Sisters (いずみコミックス)Mind of Sisters (いずみコミックス)
(2008/12/22)
木谷 椎

商品詳細を見る

エロメスのつくり方 (いずみコミックス)エロメスのつくり方 (いずみコミックス)
(2009/06/17)
ゼロの者

商品詳細を見る
コミックメガストア 2010年 01月号

コミックメガストア 2010年 01月号
コミックメガストア 2010年 01月号

20091205_megastore01.jpg
イノウエマキト「もっと! FrictionGirl!!」

先月号の続きで、相変わらず超美麗なカラーページに圧倒される。

今回は制服を着たまま一緒にお風呂に入って、そのままエッチという流れで、水に濡れて半透明になったシャツや下着の質感の表現が圧巻。

もちろん女の子の身体の表現も見事で、抱き心地の良さそうなJKならではのピチピチの肉体を完璧な形で描いている。

萌え絵として見ると、少し口が大きめに描かれているのが気になるが、この辺は好みだと思うので、おそらく今後のエロマンガ界にとって重要な人物の一人となるであろう新しい才能の今後の活躍に期待したい。

20091205_megastore02.jpg
牧野坂シンイチ「ちぇんじ☆」

彼氏が浮気しているかどうかを心配している女の子が、双子の姉だという嘘をついて変装して会い、彼氏の反応を見るといった展開で、カラーページもあり。

ピンクの髪に大きなリボンを付けているということで、完全なアホキャラとして描かれているため、内容的にもおバカで明るいノリのエッチとなっている。

20091205_megastore03.jpg
しらんたかし「視線」

電車の中でいつも出会う女子高生のパンチラを通勤中の楽しみにしているサラリーマンの話。

田舎の電車ならではの独特の雰囲気がしらんたかしの作風によくマッチしていて、公共の場であるはずの電車内を密室として二人きりのドラマをうまく作り上げている。

しらんたかしの描く女の子は、胸が大きめでもあばらの線を強調して描いたりと、骨格の部分にこだわりがあるのだが、最近は膝のラインも普通の作家では省略するような骨格のラインが描かれていたりするので、この辺も甘詰留太の雰囲気を感じさせる要因の一つなのかも。

20091205_megastore04.jpg
みた森たつや「まんいんでんしゃ」

こっちも電車内でのエッチを描いた作品だが、タイトルどおり満員電車の中でのこそこそとしたエッチを描いている。

ヒロインもむっちりとしたメガネのお姉さんで、ぴちぴちのミニスカートやブラウスからはみ出しかけている太ももや胸の谷間が大変いやらしい。

20091205_megastore05.jpg
いとうえい「隠し味は愛情です」

妹に作ってあげている食事やおやつにこっそり自分の精液を入れて、それを食する様子を隠し撮りしている変態なお兄さんの話で、そのビデオの存在を妹にバレてしまうところから始まる。

精食に対するフェチはAVの方では様々な形で表現されているが、エロ漫画では意外と少ないのは何故だろうか。

後半のエッチシーンもガッツリと描かれていて、実用度と特殊なフェチズムの両方を成立させている珍しい作品。



少女性徴期 (MUJIN COMICS)少女性徴期 (MUJIN COMICS)
(2009/07/10)
しらん たかし

商品詳細を見る

PURE GIRL (メガストアコミックスシリーズ No. 237)PURE GIRL (メガストアコミックスシリーズ No. 237)
(2009/11/19)
牧野坂シンイチ

商品詳細を見る

その唇で囁いて (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)その唇で囁いて (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2009/12/01)
いとうえい

商品詳細を見る
COMIC快楽天 BEAST 12月号

鶴田文学「好きにしていいよ?」
COMIC快楽天 BEAST 12月号

20091127_kairakutenbeast01.jpg
表紙はさめだ小判で、巻頭カラー4ページも描いている。

ゼミのクリスマス会で酔っ払った先輩を、後輩の男の子達がなし崩し的に犯すといった感じの展開。

カラフルな色使いが見ていて楽しく、テンポの良い展開と、ころころと変わる女の子の表情もグッド。

20091127_kairakutenbeast02.jpg
藤ます「ふたつのこころ」

普段のエッチでは従順だが、たまに積極的になるという二面性を持つ女の子を彼女にした男の話。

サイドテールの髪型が可愛らしく、カラーページでは赤いリボンがアクセントになっていて、艶かしく濡れている真っ赤な舌と、色っぽい表情を見せる真紅の瞳も色鮮やかに描かれている。

ネタバレすると「実は双子」パターンなので、後半は3Pに発展し、迫力のあるエッチを見せ付けてくれる。

20091127_kairakutenbeast03.jpg
池上竜矢「レンズクレイジィ」

友達の女の子を好きになってしまった娘が、兄にお願いしてその娘と交際させて、エッチをしているところをビデオに撮影することで欲望を満たそうとするのだが、結局バレて無理やり犯すことになる。

どちらかというと百合に近い内容で、男性器は完全に道具としての役割でしかないのだが、純情そうな女の子が見せるエッチの時の表情がとてもいやらしく、柔らかそうな体の描き方も含めて個人的な実用度は高め。




桃園学園男子寮にようこそっ! (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)桃園学園男子寮にようこそっ! (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2009/03/31)
さめだ小判

商品詳細を見る
おねえちゃんであそぼう (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)おねえちゃんであそぼう (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2009/08/08)
池上竜矢

商品詳細を見る

鶴田文学「好きにしていいよ?」

鶴田文学「好きにしていいよ?」
鶴田文学「好きにしていいよ?」
20091122_bungaku01.jpg
鶴田文学の初単行本で、コミックメガストア、メガストアHに掲載された作品を収録している。

基本的には女子高生モノが中心で、巨乳から貧乳までバランスよく作品が収められている。

ピンク映画館や銭湯、神社の境内など、シチュエーションとしては少し懐かしい雰囲気を感じさせる場所が舞台の作品が多いのが特徴で、どれも青春真っ盛りの男女による初々しいエッチを描いている。

作画に関しては、新人にしては上手いほうだが、天才的なエロマンガ家が何人かいるコミックメガストアの中では、その才能がかすんでしまうのが少し勿体無い。

20091122_bungaku02.jpg
特に性器の表現は秀逸で、結合部や膣内断面図などの生々しいエロさは文句なしで、実用度に関しては高めと言える。

女の子のマツゲが特徴的で、萌え絵の進化の過程で省略されるようになった上方向へ何本か跳ねているマツゲをばっちりと描いているのだが、どの作品も女の子の前髪が長いデザインになっているので、目の周りがなんだかゴチャゴチャしているのは少し気になる。



COMIC MEGA STORE (コミック メガストア) 2010年 01月号 [雑誌]COMIC MEGA STORE (コミック メガストア) 2010年 01月号 [雑誌]
(2009/11/17)
不明

商品詳細を見る


Cuvie「欲しがりっ!」

Cuvie「欲しがりっ!」
Cuvie「欲しがりっ!」

Cuvieのもう何冊目だか分からない最新刊。

20091122_hoshigari01.jpg
快楽天に掲載された作品が中心ということで、気になるのは性器の修正部分だが、基本的には黒線数本といった感じ。

コンビニ雑誌で真っ白にされていた部分が少しでも見えるようになっているのは嬉しいが、同じCuvieの単行本でも他誌から発売されているものだと半透明の線一本だったりするので、この辺は何とかならないものだろうか。

20091122_hoshigari02.jpg
内容に関してはいつものCuvieといった感じで、年増でもなくロリでもない普通の年齢のカップルの普通のシチュエーションでのエッチを最高のクオリティで描いていて、もはやベテラン的なオーラさえ感じさせる安定感を見せ付けてくれる。

Cuvieの描くエロマンガはフェラチオシーンが少なくて、むしろ一般誌でちょいエロ作品を描いているときの方が抜けるフェラチオシーンがあったりするのが不思議なのだが、この単行本に関してもそれは同じ。

20091122_hoshigari03.jpg
少しは収録されていたが、たまには陵辱輪姦モノや、ハーレムプレイを描いたような、ガッツリと実用度を重視した作品をたっぷりと読んでみたいのだが、このままだと完全に一般誌の方に移行してしまいそうで心配していたところ、今回の単行本の折り返しの作者コメントで、あくまでもエロにこだわって描き続けるみたいなことを書いていたので少しだけ安心。



Horny (ホーニイ) (富士美コミックス)Horny (ホーニイ) (富士美コミックス)
(2009/02/25)
Cuvie

商品詳細を見る

したいからスルの (いずみコミックス 28)したいからスルの (いずみコミックス 28)
(2008/10/30)
Cuvie

商品詳細を見る
COMIC天魔(コミックテンマ) 12月号

COMIC (コミック) 天魔 2009年 12月号
COMIC (コミック) 天魔 2009年 12月号

黒髪メイドの女の子の白い肌が印象的なデザインの表紙が本屋でも目を引く。

20091120_tenma01.jpg
6969「新型!?ちんフルエンザ」は巻頭カラーの4ページ。

エロマンガをある程度以上読んでいる人であったら、もうこのタイトルだけで内容が想像出来ると思うが、まったくそのまんまな内容。

ピンク髪と巨乳とミニスカートという、アホ娘の定番条件を3つも装備している看護婦さんがちょっとだけ可愛い。

20091120_tenma02.jpg
TANA「およめさまHONEY DAYS」

メインヒロインとのエッチはなく、主人公がエロゲー論を延々と語るだけで終わるという挑戦的な内容。

陵辱モノや触手モノの魅力について説明しているページが素晴らしく、密度の高い描き込みによる圧倒的なエロスは、主人公が熱く語るだけのことはある。

ラストの触手モノは圧巻で、見開きページも最高の出来。

20091120_tenma03.jpg
柚木N'「姉熱視線」

弟に惚れてしまったお姉ちゃんが、両親の留守中に我慢できずにエッチしてしまうという話。

巨乳で黒髪ストレートという定番スタイルなのでエッチシーンに関しては普通に使えると思われるが、日常シーンでのお姉ちゃんの弟を見つめる目つきが非常に色っぽく、むしろこっちの方がエロいんじゃないかとさえ思うので、タイトルにするだけのことはある。

20091120_tenma04.jpg
まぐろ帝國「ハードトレーニング2 全編」

なぜか劇画タッチに挑戦していて、登場する人物達も一昔前のファッションや髪型で、言葉遣いや物語の展開まで徹底的に作りこんでいる。

まぐろ帝国のテクニックを完全に無駄な方向に使っている作品だが、こういうのは嫌いじゃないのでもっとやって欲しい。

20091120_tenma05.jpg
緑のルーペ「イマコさんとイチナくん1」

異母兄妹であるイマコさんとイチナくんの関係を描いたシリーズ連載の1回目。

寝フェラに始まり、登校直後の校内エッチと放課後の青姦まで描いていて、ボリューム感満点の内容。

黒髪に黒メガネが特徴的なイマコさんだが、制服が黒のブレザーで、さらに黒のストッキングまで履いているので画面が真っ黒けになっているところを、センスの良い作画でうまくまとめているのは見事。

20091120_tenma06.jpg
シャチカマボコ「会長のいいなり!」

美人の生徒会長さんにうっかり告白してしまった男の子の話。

艶やかな黒髪の表現がカッコよく、ツリ目な会長さんのややエス気味な雰囲気を魅力的に描いている。

全体的にスタイリッシュな作画だが、性器の表現はリアル志向なのが面白い。

20091120_tenma07.jpg
もりたかたかし「白石兄妹のヒミツ」

クールキャラの妹さんと、そのお兄さんの話で、家に帰ると妹さんの性格が豹変するといった設定。

前髪短めのツインテールというロリっぽい髪型に、メガネとツリ目の組み合わせが意外とマッチしていて面白いキャラクターデザインになっている。

シャチカマボコと画風が若干かぶりぎみなので、連続して掲載されているのはどうかと思った。



めちゃLOVE☆ (SANWA COMICS No. 31)めちゃLOVE☆ (SANWA COMICS No. 31)
(2009/01/30)
柚木N’

商品詳細を見る

あいらんど 淫虐の章 (TENMAコミックス)あいらんど 淫虐の章 (TENMAコミックス)
(2009/09/26)
まぐろ帝國

商品詳細を見る

なかだしされたい (TENMAコミックス)なかだしされたい (TENMAコミックス)
(2009/06/26)
もりたか たかし

商品詳細を見る
笹川ハヤシ「ずっと一緒に」

笹川ハヤシ「ずっと一緒に」
笹川ハヤシ「ずっと一緒に」

MUJINに掲載された作品をまとめた1冊。

作画のレベルは非常に高く、一般的な実用度に関しては業界トップレベルと言っても良いかもしれない。

巨乳の女子高生を相手にしたハーレムプレイが多いのが特徴で、陵辱要素はほぼゼロ。

一話あたりのページ数が多いので、きちんと物語を作りこんでいる作品が多く、エッチのシチュエーションも物語の設定をうまく利用したものが多い。

20091119_zuttoissyoni01.jpg
「淫乱ナデシコ列車」

留学生の男の子が、それとは知らずに女性占領車両に乗ってしまい、そこにいた女の子達に弄ばれてしまうと言った展開。

カラーページも美麗で、ロリキャラから女教師までさまざまな女性達に囲まれてのハーレムエッチを圧倒的な筆力で描いている。

ロリキャラが少しだけ登場するのは笹川ハヤシの作品では珍しいので貴重。

20091119_zuttoissyoni02.jpg
「淫乱ナデシコ学園祭」

その続きで、すっかり女子生徒の性欲処理係となってしまった留学生君が、学園祭の準備中に出会った女の子と不思議な縁を感じて放課後の教室で激しいエッチをする。

女の子の母親に対するコンプレックスをやたらと強く描いていたため、二人は実は特別な関係だったということがラストで明かされるのかと思いきや、普通にスルーだったことに逆に驚いた。

20091119_zuttoissyoni03.jpg
「蜜月」

担任の女教師と付き合っている高校生と、そのクラスに転校してきたツインテールの女の子との三角関係を描いた作品。

転校生の女の子は死神的な存在で、エッチをすることで精液と一緒に命や魂を吸い取るということなのだが、それを阻止しようとした女教師との3Pになり、結局は教師と生徒ということもあって中途半端な関係になっていた二人の関係が深まるといったオチ。

死神としてやって来たのに、結局はキューピット役になってしまうという、いかにもマンガ的な物語を、圧倒的な画力と練り込んだ構成によって、エロマンガとして完璧な形で作り上げた、笹川ハヤシのエロマンガ家としての才能を見せ付けられる作品。

20091119_zuttoissyoni04.jpg
「初恋」

同じ死神の女の子の物語で、彼女が病院で出会った余命わずかな男との関係を描いた作品。

死神と余命わずかな男、という関係性のドラマもありがちといえばありがちだが、ここでも笹川ハヤシのセンスが爆発していて、映画化してもいいぐらいの完成度の高いドラマに仕上がっている。

女の子がこっちの方が圧倒的に可愛くなっているのは、おそらく服装のせいで、決め手はカチューシャ。


その他の作品も、ラブラブなカップル達のちょっと変わったドラマをそれぞれ描いていて、どの作品もはずれ無しの1冊となっている。
最後の作品だけは少し古めなので毛色が違うが、この頃の濃い目のエロも悪くない。



処女通信 (MUJIN COMICS)処女通信 (MUJIN COMICS)
(2007/09/28)
笹川 ハヤシ

商品詳細を見る

恋コク (MUJIN COMICS)恋コク (MUJIN COMICS)
(2005/08/12)
笹川 ハヤシ

商品詳細を見る
まるキ堂「痴春期・フェチ校生」

まるキ堂「痴春期・フェチ校生」
まるキ堂「痴春期・フェチ校生」
20091116_maruki01.jpg
まるキ堂6冊目の単行本で、COMIC桃姫に掲載された作品を収録した初の単行本。

作者自身があとがきでも語っているように、雑誌のカラーに合わせて陵辱は控えめになっていて、ラブラブなカップルが中心となっているが、エッチの方は激しい展開が多いので、その辺のギャップも見所の一つ。

ヒロインは女子高生がほとんどで、制服姿でのエッチが非常に多いのが特徴的。

20091116_maruki02.jpg
もちろん、まるキ堂の陵辱以外のセールスポイントである柔らかそうな爆乳は健在で、乳輪大きめの乳首の独特な表現と共に、色々な汁でおっぱいが汚されていく様子を濃厚に描いている。

アヘ顔の女の子がだらしなく舌を出しながらヨダレを顔中にたらしている姿のフィニッシュシーンは迫力があり、女の子の口内に溜まった唾液の表現も独特のこだわりがあるので、ここも見所の一つ。



肉辱委員長 (MUJIN COMICS)肉辱委員長 (MUJIN COMICS)
(2008/12/05)
まるキ堂

商品詳細を見る
コミックREX 12月号

月刊 Comic REX (コミックレックス) 2009年 12月号
月刊 Comic REX (コミックレックス) 2009年 12月号

付録はアイマスのクリアファイルとCD差し替えジャケット。

3本同時に始まったアイマスのコミカライズだが、それぞれ違った方向性で面白い。

坂野杏梨「アイドルマスターSplashRed」は、愛がアイドルへの道を突っ走っていく様子を元気いっぱいに描いていて、アイドルものとしては比較的ストレートな展開になっている。

少し秋★枝っぽい雰囲気なのが気になるが、ギャグとシリアスのバランスの取り方もうまく、全体的にセンスの良さを感じさせる。


黒瀬浩介「アイドルマスターNeueGreen」

原作ゲームの発売時に話題沸騰となった「男の娘」をテーマにしているというだけで勝ち組な気もするが、ドタバタギャグとして普通に面白く仕上がっている。

逆に女の子なのに男っぽく見られてしまう真との、お互いに性別を勘違いし合っている関係はもっと膨らませられたような気がするので少し勿体無かったかも。


零壱「アイドルマスターInnocentBlue」

多分これが一番人気が無いと思われるが、絵の雰囲気は良いので、この人のアイマス以外のマンガを読んでみたい。

百合要素が一番濃いので、そっちの方向で話を進めるのもアリかも。



アイドルマスター ディアリースターズ 特典 アイマス芸能界のアイドル雑誌「ViDaVo!“ビダヴォ!”」(ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター PRカード「876プロ」封入)付きアイドルマスター ディアリースターズ 特典 アイマス芸能界のアイドル雑誌「ViDaVo!“ビダヴォ!”」(ヴァイスシュヴァルツ アイドルマスター PRカード「876プロ」封入)付き
(2009/09/17)
Nintendo DS

商品詳細を見る
つぼみ Vol.4

つぼみ VOL.4
つぼみ VOL.4

20091113_tsubomi00.jpg
鳴子ハナハルの表紙が妙にエロいが、裏表紙の方がもっと艶かしい雰囲気でとても良い。

書店に貼ってある告知ポスターだとさらに違うカットだった気がしたが、それは収録されていない。

表紙のみの参加だが、鳴子ハナハルの百合漫画は是非読んでみたいので、次回以降に期待。

ひだまりスケッチ」の蒼樹うめも初参加だが、これもイラストのみ。

玄鉄絢「星川銀座四丁目」

新米教師と不登校生徒との同棲生活を描いた作品の続き。

何だかんだ言っても、少しずつ距離が縮まっていく二人の関係を美麗な作画で描いていて、百合漫画のトップランナーとしての存在感を見事に示している。


吉冨昭仁「しまいずむ」

それぞれ相手の妹に惚れてしまっている女の子二人のエピソードの続きで、今回は妹さんの生足を見ていたらムラムラしてしまって、代わりとしてその姉である友人の足を舐めようとするという展開で、吉冨昭仁らしい生足に対するフェチズムがストレートに爆発している。

結局拒否られて、仕方が無いから自分の足を舐めることで我慢しようとするのだが、その姿も妙に色っぽいのはさすがで、「BLUE DROP」の冒頭のシーンを少し思い出した。


関谷あさみ「無限遠点」

クラスメイトの女の子が気になっているクールな女の子と、そのクラスメイトの友達で姉に対する複雑なコンプレックスを持っている女の子の二人を中心に、女の子達がそれぞれの一方通行の思いに対して悩んだり相談したりする姿を鮮やかに描いた作品で、テーマは百合だが青春ドラマとしても非常に完成度の高い作品に仕上がっている。



つぼみ VOL.1 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)つぼみ VOL.1 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)
(2009/02/12)
不明

商品詳細を見る

つぼみ VOL.2 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)つぼみ VOL.2 (まんがタイムKRコミックス GLシリーズ)
(2009/05/12)
玄鉄 絢 他

商品詳細を見る
copyright © 2017 菊慈童の裏日記ブログ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。